仮想通貨の積立投資をはじめてみたよ

テクノロジー
スポンサーリンク

仮想通貨って知ってますか?

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。2009年にはビットコインが初めての分散化された暗号通貨として登場した。それ以来、数多の暗号通貨が作られてきた。それらの呼称には bitcoin alternative(ビットコインの代替)から来る造語の altcoins(オルトコイン)がよく用いられる。

暗号通貨の統制は分散化されていて、集中化されている電子マネーや集中化されている銀行システムとは対照的である。この分散化された統制はビットコインの分散型台帳ブロックチェーンという取引データベースの使用に関係している。

(出典:Wikipedia「暗号通貨」

複雑なこと書いていますが、
要は最近流行しているビットコイン等の新しい通貨のことです。

ブロックチェーンと呼ばれる技術を使用していて、
暗号通貨と言われることもあります。
(むしろ意味合い的にはこちらのほうがしっくりくる。)

特徴としては、
円とかドルとかの法定通貨と違い、管理の主体が存在しないこと。
コイン自体が、様々なところに分散して管理されている。

この特徴のおかげで、
送金スピードが早かったり、送金コストが安かったり、国の情勢に左右されなかったりといったメリットが出てきています。

が、今回はあくまでビットコイン等の暗号通貨を投資の対象として捉えています。
これらの暗号通貨、仕組み自体が最近できたこともあり、円やドル比での値段の乱高下がハンパない。
そのため、ハイリスク・ハイリターンの投資対象として最近注目を浴びています。
そこにのってみようというわけです。

積立投資

ただ、先ほども申し上げた通り、
暗号通貨への投資はハイリスク・ハイリターンです。

そこで積立投資です。
毎月一定額を積み立てることにより、
値段が高いときには少なめに、値段が低いときには多く、といったように、
安いときに多く買うという動きが自動的に実現できることになります。

暗号通貨の需要はこれから増えてくることが予想されること、
ビットコインについては供給される量の上限が決まっていることから、
短期的に価格が乱高下しようと長期的には価格は上昇トレンドであると想定しています。

そのため、基本方針としては、
長期保有を前提に、積立投資でリスクを抑えつつ、投資を続けることとします。

仮想通貨の積立投資ならZaif

仮想通貨の積立投資ができる取引所は、現時点(2017年12月)ではあまりなく、
私はZaifを利用しました。

Zaifでは、
銀行口座との連携によって、仮想通貨の自動積立が可能です。
参考:Zaifコイン積立

投資内容

投資先は、こんな感じ。

  • ビットコイン:5000円
  • モナコイン:2000円
  • XEM:3000円
  • イーサリウム:2000円

ビットコインだけじゃなくて、様々なコインの推移をいったん勉強したいという意味も含めて、
分散投資してみました。
ビットコインからモナコインへの流れとかも最近はあったりするので。

ひとまずこれで様子を見てみることにします。
また経過報告しますね。

コメント