【PR】フリーランスお助けツール『pasture』を使ってみた。

pastureアイキャッチ 徒然
スポンサーリンク
今回の記事は、オンラインサロン「はあちゅうサロン」ブロガー部が
REQUにて提供しているPR記事です。

ぼくは、10月から仕事をやめて、
いわゆる”フリーランス”になりました!(。・∀・。)

そんなフリーランス初心者に
ぴったりなツールを発見しました。

その名も『pasture』
さっそくご紹介します。

『pasture』とは?

pastureはプロジェクトの発生から請求管理まで
ワンストップで管理が行えます

『pasture』公式サイトより

『pasture』は、企業のフリーランス管理を楽にするために作られたツールです。
最近、大手企業でも、フリーランスを活用する企業が増えてきています。

そんな企業のフリーランス管理を一手に引き受けるのが、
この『pasture』。

具体的には、以下の機能を持っています。

  • フリーランスのリスト機能
  • タスクの進捗管理機能
  • 各業務フローでの稟議・承認機能
  • メッセンジャーツールとの連携機能
  • 請求書の一括管理機能
  • 請求書の自動発行・印刷機能

pastureの便利機能

フリーランス側も便利!

こうやって書くと企業側の管理ツールなんでしょ?って感じしますよね?

でも、企業側が『pasture』を使ってくれると、
仕事を受けるフリーランス側にも、めっちゃメリットあるんですよ?(。・∀・。)

例えば…、こんなことが…!

  1. 請求書発行が、めちゃくちゃ簡単!!
  2. 請け負っている案件がひと目でわかる!!
  3. 次回の案件獲得につながる!!

詳しく説明していきます。

請求書発行が、めちゃくちゃ簡単!!

フリーランスなりたてで困るのが、
請求書発行等の事務手続き。

簡単に請求書出せって言われるけど、
いつ、どんなフォーマットで出せばいいのか…。
請求料金の認識は合っているのか…。

でも、『pasture』だと安心。
面倒な発注書・請求書を、サクッと操作で簡単に出せちゃいます(*ノ∀`)ノ

請求書発行

※画像はイメージです。

お金の話はセンシティブなだけに、
認識齟齬が起きにくいのがステキです♪

請け負っている案件がひと目でわかる!!

フリーランスとして案件を複数請け負った場合にも、
『pasture』を使っていると安心!

どのような案件を請け負っていて、
いまどのようなステータスなのかが、ひと目でわかるようになっています(´∀`)

タスクの抜け漏れが防げる!

タスク一覧

※画像はイメージです。

次回の案件獲得につながる!!

そして、フリーランスにとって、
地味に効果が大きいと思うのがこれです。

フリーランスって、
やっぱり案件を継続的に獲得するってところが課題になりがちですよね。
せっかくクライアントの信頼を勝ち取ったとしても、
担当が変わってしまうと、ゼロになっちゃうとか…。

『pasture』であれば、
自分がどのような案件をどのようにこなしたかが、
クライアント内で可視化されるので、
実績がしっかりと残ります…!

成果さえ残していれば、
クライアント内の他部署からの案件紹介とかもあったりするかも…!?

まとめ

すべてのフリーランスと仕事をしている企業に、
このツールを導入してほしい…!
(フリーランス的に見れば、1社だけ使うよりも、
全社で使ってくれたほうが利便性がめっちゃUP!)

『pasture』公式サイトはこちら!

フリーランスや業務委託側から、
企業に『pastute』を紹介するキャンペーンもやっているみたい。

キャンペーンはこちら!

でも、やっぱりフリーランス側からの提案は難しいので、
企業とフリーランスの心地よいパートナー関係のために、
ぜひpasture営業の方にはがんばってほしいと思います(´∀`)笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました